新生児から必要です|赤ちゃんの成長過程に合わせてベビー用品を購入

赤ちゃんの成長過程に合わせてベビー用品を購入

親子

新生児から必要です

乳児の手

車に赤ちゃんが乗るために

チャイルドシートは赤ちゃんが退院するときに車の使用を考えている場合は、そのときから必要になります。法律で義務化されているためです。そのため、赤ちゃんが生まれる前から用意する必要があります。どうしても赤ちゃんに座り心地などを確認してもらいたい場合は先にレンタルをすることもできます。しかし、チャイルドシートは必ず必要なため、ご両親が選び、先に購入してもさほど問題はないと思います。また、実家に里帰りをして出産し、実家では1カ月程度しか使用しないという場合にも、レンタルという手があります。もし、車で里帰りから自分の家に帰ることを予定している場合は、チャイルドシートを買っておいて、実家の車から自分の車に付け替えることもできます。

回転式と固定式

チャイルドシートは新生児から乗せることができる、乳児用、そして、幼児用、ジュニアシートなどがあります。新生児から乗せるタイプには回転式と固定式がありますが、それぞれにメリットがあります。回転式はその名の通りシートが回転するもので、性能が高いものが多いです。シートが回転するため、赤ちゃんを乗せやすいですし、シートがフラットになり自然に寝ることができるものもあります。しかし、チャイルドシートは固定式より大型になり、値段も高い場合があります。一方、固定式は、チャイルドシートの基本性能しかないシンプルなものが多く、値段も回転式に比べ、安いです。回転式は乳児から幼児期まで使用できるものが多いですが、固定式は、乳児用、幼児用と二つ買う必要があります。状況に応じて選ぶようにしましょう。