赤ちゃんの成長過程に合わせてベビー用品を購入

女の子

口に入るものは安全に

水

抵抗力の弱い赤ちゃんのために、安全性の高い水を飲ませてあげましょう。不純物を徹底して取り除いていることもあります。安全への意識が高い人が増えたこともあって、市場規模が拡大しています。赤ちゃんだけではなく家族全員が安心できる水の人気が高くなりました。

もっと詳しく

賢い選び方

乳児

いつから使うのかを確認

新米ママやパパは、大きな喜びを感じているのと同時に、わからないことだらけで不安もあることでしょう。おまけに最近では単一家族が増えているため、アドバイスをしてくれるお姑さんが近くにいてくれるとは限りませんから、ベビー用品などはどのようなものを選んだら良いのか迷ってしまいます。そこで賢いベビー用品の選び方のコツがあるので、この機会に覚えておくことをおすすめします。まず、ベビー用品はいつから使うのかを考えておかなければならず、これを間違うと、せっかく購入したのに出番がないまま押入れの中に入れることになりかねません。首が座ってからなのか、ハイハイができようになったらといった具合に、ベビー用品に記載されていることが多いので、我が子の成長と照らし合わせて選びましょう。

お得に利用する

どうせすぐに大きくなるから、その都度ベビー用品を買うのはもったいない気がするという人も決して少なくはありません。確かに三、四人の出産を予定しているならまだしも、一人っ子ならためらってしまうのも無理はないです。そんな時に便利なのが、ベビー用品のレンタルショップで、例えばベビーベッドであれば、必要になる時期にだけで貸してもらっておき、いらなくなれば引き取ってもらえるわけですから、いつまでも部屋のスペースを占領されずに済みます。おまけに買うのに比べればはるかに安いですし、業者によっては自宅まで配達してくれて、組み立ててくれるサービスもあるなど、忙しい人にとってはとてもありがたいため、検討しておくと良いでしょう。

抱っこを楽にする工夫

レディと乳児

抱っこ紐は、肩や腰から赤ちゃんの体を支える機能を持ちます。抱っこやおんぶの負担を軽減してくれる効果や、いつでもどこでも使用できる便利さなどが育児世代に支持されています。生まれて間もない赤ちゃんからでも使用できるので、育児を楽にしてくれる装備品となっています。

もっと詳しく

新生児から必要です

乳児の手

チャイルドシートは車に赤ちゃんや6歳以下の子供を乗せるためには必要です。新生児から必要で、退院時車を使用する場合にはそのときから必要ですので、出産前に購入しておくとよいと思います。新生児が使用できるチャイルドシートには回転式と固定式があります。

もっと詳しく